ペット保険に関する情報

ペット保険・少額短期保険業

ペット保険は今までペット共済として日本では普及されてきましたが、実は根拠法令というのは一切ありませんでした。無認可でペット保険を販売しているところなどもあり、ペット保険に似ているような会社なのに保険業法は適応にならないということもあったようです。ですから、ペット保険ビジネスでは、しばしばマルチ商法や詐欺まがいのことなどが発生してトラブルが起きていたといわれています。こうした無認可共済に入っているペット保険の加入者を助ける目的で2006年にできたのが、ペット保険の少額短期保険業制度というものです。
このペット保険の少額短期保険業制度は、根拠法がないペット共済の団体などが金融庁の監視のもとに運にされることになって特定保健業者という扱いを受けることになりました。ペット保険で今まで無認可共済だったところは、保険会社としての免許を受けなければいけなくなりましたし、少額短期保険業者の登録が必要になりました。
ペット保険会社が金融庁から監視されることになったために、ペット保険に加入したことによって詐欺まがいのトラブルに合う人の件数も減りましたし、今まで以上に安心してペット保険に加入できるようになりました。

厳選7

# サイト名 PR リンク